いくら丼

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日公開のターミネーター4を見てきた

感想は、ターミネーターシリーズとして見ると微妙かも・・・

1~3では、圧倒的な強さを持った敵(ターミネーター)が主人公を追い掛け回す
という恐怖が描かれていたが、今回は敵がスカイネット全体ということで
ターミネーター1体に対しての脅威を描けないというのが原因だと思うけども・・・

この一匹無双するのがターミネーターの面白い?ところだった気もするし・・

あとシュワちゃんをCGで出す意味も理解できなかった
ジョンも普通に対処してるし、昔好きだったターミネーターだから見た瞬間以前のように
戸惑うみたいな演出があってもよかった気はする
あまりにも普通に対処+どうせ皮がはげるんだから、皮つけてるスカイネットにも疑問

まぁ確かに圧倒的な相手という部分では、スカイネットが根本にあって、それに基づいて
描かれてるのは評価できるけども

新しいニュータイプターミネーター(ほとんど機械だけど、心臓と頭だけ人間、作中では
アイアンノイド?見たいな感じで呼ばれてた・・・1回だけだけど)は、スカイネットを作った人間
の目的(自立型便利ちゃんシステム)とは別の行動(人間殲滅)を起こすように、スカイネット
の目的とは別の行動をしだすってのがこいつのコンセプトっぽい。

あまり詳しく書くと見てない人に悪いので、軽く総評する(映画を評価できるほどの
人間ではありませんが・・・・)とターミネーターとしてより、普通にSF映画として楽しむなら
ありかな!と思います

気になる人は見て見るといいよ!

ターミネーター4 公式
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ikuradon566.blog113.fc2.com/tb.php/30-bb6a580f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。